お客様の声 – SBIビジネス・ソリューションズ株式会社様

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社様

※ムービー中は音声が出ます。

会社案内

会社名 SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
事業内容 企業のバックオフィス支援

【ビジネスものの教育DVD販売方法について】

当社は、ビジネスクラスセミナーというビジネスのセミナーですとか、研修をですね、年間1万5千件くらいご紹介するポータルサービスで『ビジネスクラスセミナー』というのを行っております。
ここでは、メインにリアルなセミナーなどを出しているんですが、やはりリアルだけですと場所ですとか時間の問題で来られない方がいらっしゃる。

そこで、やはりデジタルアーカイブの必要性を問われまして、そのサブサイトの中でビジネスDVDというサイトを運営しまして、その中で販売をさせていただいております。

【コンテンツをメディア化する際のサービスとは】

デジタルアーカイブというのは、やはりものを作らなくてはいけませんので、そもそもこのビジネスDVDとか研修というマーケットというのが、以外とオープンにされていないというか…(例えば)日本経済新聞社さんとかPHPさんのような、ある意味でのブランドある企業さんは良いんですが、なかなかどこで売ったら良いか分からないという方がほとんどなんですね。
実は先ほどのビジネスDVDというサイトは、まさにそういうコンテンツを集めた場所を作ろうという発想でスタートさせていただきます。

ただですね、市原さんが仰るように、なかなか初期のコストがかかるとか、DVDに製品化するには在庫の問題などがあるんですね。
そうなると二の足を踏んで、売れるか売れないものを今日この時代に作れるかというとなかなか作れない…ということでお悩みの会社さんが非常に多かったです。

今回ご紹介いただいた仕組みというのが、初期のイニシャルコストが非常にリーズナブルで、ケースバイケースで色々とお値段設定が出来るということと、一番大きいのが『在庫レス』で作ったものを売れた瞬間にパッケージング化して出していく、この『在庫レス』システムというのは、会社というか担当者としては非常に嬉しい話で、どうしても在庫をたくさん作ってしまうと、売れなかった場合…「これどうしたんだ!?」っていう話になりますよね。

そういった負担を減らすのと、当然(一度に)一万枚作るよりはコストは高いんですが、それでもかなり一枚あたりの単価が安いので、本当に売れた時にそのまま出していける、それから尚かつ、作ると言っても2〜3日くらいの納期で出来てしまうので、ほとんど在庫を持っているのと同じことが出来るので、かなりお客様に好評ということでやらさせていただいています。

【ビジネス・アーカイブの市場について】

やはり、ビジネスのアーカイブの市場というのは、確かに仰るように既存の有料のセミナーをデジタル化にすると、そうするとよく主催者様の方から「リアルのセミナーに人が来なくなるんじゃないのか?」というご質問を非常に受けるんですが、ただ実はこれはニーズがまったく別で、やはりセミナー会場に来て勉強されたいというニーズと、それからDVDの場合ですと、社内でみんなでシェアをしたいとか、これはもうまったくニーズが別なんです。

ある主催会社さんによると、実は(リアルの)セミナーを受けたあとのDVDの販売が一番売れるそうです。
これはやはり素晴らしい内容のセミナーはであれば、持ち帰って社内でシェアしていこうというニーズなので、逆に言ってしまえば、そういうアーカイブを配ることによって、また次の新しい研修などのビジネスフォースに繋がったりするという可能性があります。

【マーケティングセミナーについて】

最近、マーケティングセミナーというものが非常に増えています。
これは、何か製品やサービスを売る時に説明が必要だったり、差別化をするために、お客様にノウハウを提供しながら来ていただいて、製品・サービスの説明に繋げるというサービスなんですが、いわゆるプロモーションです。
こういったものに関しても非常に有意義に映像関係は使えるんじゃないかなと、我々は考えております。

【YouTubeなどWEB動画を使ったプロモーション方法について】

今、アテナ産業さんと一緒にやらさせていただいている、YouTubeの動画について、いままでのビジネスセミナーやDVDは中身が分かりにくいですよね。
よくよく考えてみますと、例えば映画のDVDをお持ちかと思うんですが、新しい新作と前に見たDVDとどちらにお金を払われますか?

やはり前に見て良かったものを手元に残しておきたい・良いものを買いたいという心理って働きますよね。ということは、ある一定部分これからのビジネスコンテンツに関しても、キチンとこういったものだということを見せて、プロモーションしていくことが非常に重要になると思います。

そういった面では、我々もYouTubeだと、音楽やエンターテイメントだけだと思ったんですが、実際にアテナ産業さんにご協力いただいてYouTubeに動画をアップしてみると…(視聴回数が)結構な件数ですよね。こういったことろはまだ小さい市場ですけれども、もっともっとコンテンツを出していければ、非常に大きな市場に広がるんじゃないかなと考えております。

間違いなくプロモーションや集客にも役立つかもしれませんし、非常に今後の可能性を秘めた手法ではないかなと期待しています。