Content Business start-up

|このような方々のコンテンツビジネスを支えています

コンサルタントや著者の先生

経営改善やマーケティング支援等のスキルをお持ちのコンサルタントの方や、

ノウハウ本やビジネス書を執筆されている著者の方の、ご自身の考えやコンテンツをより一層、効率的に普及させるお手伝いができます。

「より早く、深く、多くの方に伝えたい」、そんな要望にお応えします。

コンサルタント:小谷川拳次 氏リードコンサルティング株式会社 代表取締役社長CEO。経営コンサルタント。インターネットマーケティングのエキスパートとして活躍するとともに、全国でセミナーや講演、企業研修を実施している。複数のビジネス書籍のWeb上での販促プロモーションも行い、著者のアマゾン総合ランキング1位の仕掛けにも携わる。

スペシャリストや経営者

ニッチなターゲット(顧客や市場)に刺さるコンテンツをお持ちの方。

ターゲットがニッチであればあるほど、コンテンツビジネスに力を入れると業界の第一人者になれます。

ひとたび業界の第一人者として認知されると、ご自身のお名前がブランドになりますので、仕事の依頼が殺到することでしょう。

ロジザード(株) 代表取締役社長 金澤 茂則 氏小売店やECショップ、デパートなど、在庫を抱えるビジネスモデルの会社に対して、革新的で低コストな物流在庫管理システムを提供。これまでの業界の常識を打ち壊す、非常に効率化されたその在庫管理システムは業界から熱狂的な支持を集めている。

各種インストラクター、コーチ、トレーナー

悩みを解決出来るHow Toコンテンツをお持ちの方に。

セミナーや、教室、マンツーマンでお持ちのコンテンツを伝えるのも良いですが、

インターネットと動画を活用して、より多くの方に情報発信できればアナタのコンテンツは、もっとたくさんの人に認知されます。

池 真柚子 氏プラスタディ ミュージック スクール校長。ロサンゼルスでスティービー ワンダー、Mr.BIGのエリック マーティン等のボーカルコーチであったGloria Rusch(グロリア・ラッシュ氏)に師事し、1994年プラスタディ ミュージックスクールを設立。

つまり、コンテンツ・ビジネス・スタートアップとは、、、

|なぜ今、インターネットでコンテンツビジネスなのか

モノもサービスも溢れかえっているインターネット全盛の、現代社会。

競合とのし烈な競争を勝ち残っていくには、お客さんから「その道の第一人者」と認めて貰えるかどうかが、

コンテンツホルダー(ノウハウ・コンテンツを持っている人)の方にとって、ビジネスの成否を決める大きな分かれ目、となっています。

現代社会ではモノもサービスも溢れかえっているので、お客さんは、自分の求めていることを誰が満たしてくれるのか、

誰を選んだら良いのか」わからない状態です。

そんな中、もしお客さんから、「その道の第一人者は自分」だと、認識してもらえれば、お客さんは「アナタを選び」ます。

今後、アナタはお客さんに困ることはなくなるでしょう。

そして、インターネットは、アナタを業界の第一人者だと理解してもらうには、うってつけのメディアです。

アナタが寝ていても、遊んでいる時でも、誰かがアナタのホームページを見ていさえすれば、お客さんにアナタのコンテンツを届けることができます。

さらにいえば、アナタのコンテンツを魅力的に見せてインターネット上で売ることすら、可能です。

アナタが休んでいる時でも売上を作ることができる、というわけです。

そんな、もう一本の収入の柱をアナタは欲しくありませんか?

|80%の人が陥っている、コンテンツビジネスに失敗する3つの理由とは、、、

1つ目の理由:時間がかかりすぎる

仮にあなたがご自身で動画コンテンツを有料でWeb配信する場合、、、

といったように、コンテンツビジネスをするための工程をザックリと上げただけでも、このように専門的な知識が必要になり、

ご自身でやるには非常に労力がかかります。

良いコンテンツなのに準備に時間が掛かりすぎてしまい、販売機会をみすみす逃してしまったプロジェクトを私は本当に多く見てきました。

だからこそ、構想から2ヶ月以内にリリースをすることを私どもは目標にしています。

|アテナ産業であれば構想から2ヶ月後には、アナタの口座に売上が入っています。

|2つ目の理由:十分に戦略をねらずに、危険な賭けにでる

このように、コンテンツビジネスの立ち上げには多くの時間と労力が必要とされます。

そんな中で多くの場合、、、

競合になる類似コンテンツのリサーチ、ターゲットの絞り込み、コンセプトの明確化、正しい売上予測、

ターゲットに合った広告手法の選定、正しい広告費の試算、ユーザビリティーの良い配信形式の検討、中・長期的戦略、が疎かになります。

これは非常に危険なことです。正しい投資対効果の試算は上記が揃って初めて可能になるからです。

|アテナ産業であれば、豊富な経験から成功確率の最も高い戦略をご提案いたします。

私どもはこれまで販売実績額で、

総額100億円を優に超えるコンテンツの制作とその販売プロモーションに関わらせて頂きました。

その圧倒的な実績から培われた経験則から、

最もリスクが少なく、アナタ(御社)のお客様に喜んでもらえる様なコンテンツ制作、販売戦略に関する提案が出来ます。

|3つ目の理由:コンテンツのクオリティが・・・

冒頭に申し上げた通り、コンテンツビジネスの成否を決めるのは内容です。

その次に重要になるのが、その見せ方と動画のクオリティです。

見せ方のクオリティとは、誰に、どういうふうに見せるか、という戦略の洗練度の度合いと、映像クオリティの高さ、です。

これらのクオリティの高さは、コンテンツの売れ行きを大きく左右します。

下手なものをつくってしまうと、アナタのブランドイメージ自体が著しく低いものにもなってしまいます。

|アテナ産業であれば、アナタのブランドに最大限配慮したコンテンツビジネスをご提案いたします。

私どもが最も大切にしていることはクライアント様に、コンテンツビジネスで損をさせないこと。ブランドを下げさせないことです。

弱気に聴こえるかもしれませんが、それさえ守れれば、コンテンツビジネスは末永くあなたに利益を生み出してくれます。

私達にお任せいただければ、アナタは一番大切な内容作りに集中して時間を掛けて頂き、

それ以外の煩雑な作業は全て弊社に任せて頂くことが可能です。

だから内容が良く、マーケティング戦略も洗練され、見栄えがよく、リスク無く売れるコンテンツが出来あがるというわけです。